アトラクション

【TDL】ジャングルクルーズの楽しさをわかりやすく解説

今回は東京ディズニーランドのアトラクション『ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション(以下ジャングルクルーズ)』をご紹介します。

 

アドベンチャーランドの中でも一番人気との呼び声も高いジャングルクルーズ。

東京ディズニーランドに行ったことがなくてもその名前くらいはご存じなのではないでしょうか?

 

今回はそんなジャングルクルーズの楽しさをディズニー初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

これから東京ディズニーランドに行こうと思われている方は、ぜひプランを立てる際の参考にしてください。

ジャングルクルーズとは?

ジャングルクルーズは東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにあるアトラクションです。

ジャングルクルーズ自体は1983年の東京ディズニーランド開園当初からありますが、2014年にリニューアルして名前も『ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション』となりました。

 

ボートに乗り込み、スキッパーと呼ばれる船長さんの先導のもと、熱帯のジャングルを探検してくアトラクションとなっています。

ディズニーキャラクターは登場しませんが、ジャングルを冒険するワクワク感を体感できるアトラクションです。

ジャングル・クルーズって面白いの?

船長さんのおもしろアドリブ

ジャングルを進んでいる最中、船長さんが周りの景色を解説してくれます。

この解説がとても面白い!

 

実はこの解説は船長さんのアドリブなんです。

もちろん、完全なアドリブというわけではなく何パターンかのトークを組み合わせているんでしょうが、船長さんによってテンションや言い方が異なるので何度乗っても飽きません。

話の上手い船長さんにあたった回は爆笑必須です。

ワクワクドキドキの冒険

ジャングルの中には野生の動物や先住民が住んでいます。

もちろん本物ではなくオーディオアニマトロニクスというコンピュータと音を組み合わせた仕掛けで動いているのですが、この作りが非常に精巧なので本物のジャングルを探検している雰囲気を味わえます。

普段ジャングルを探検する機会にはなかなか巡り会えないので、非日常の世界を満喫することができます。

洞窟内で起こる不思議な仕掛け

ジャングルの奥へ進むと不思議な洞窟に迷い込んでしまうところがあるのですが、ここで迫力ある演出が見られます。

真っ暗な洞窟の壁にプロジェクションマッピングで迫力ある映像が流れ、まさに驚きの体験をすることができます。

 

細かい描写をするとネタバレになってしまうので、この演出はぜひ実際に乗って体験してください。

昼と夜で変わる演出

ジャングルクルーズは昼と夜で若干演出が異なります。

夜になるとナイトクルーズができるようになり、よりワクワクドキドキの冒険を楽しむことができます。

蛍が登場したり幻想的なライトアップがされたりと雰囲気がだいぶ変わるので、ぜひ昼間と夜の2度体験してもらいたいアトラクションです。

ジャングル・クルーズの待ち時間

ジャングルクルーズはアドベンチャーランドの中でも特に人気のアトラクションです。

平日は30分程度、休日になると60分以上の待ち時間になる場合もあります。

特にナイトクルーズに切り替わってからの夜の時間は非常に混雑します。

夜の時間はエレクトリカルパレードや夜のキャッスルプロジェクションを行っている時間がやや空いている傾向にあるので、ナイトクルーズを楽しみたい方はその時間を狙いましょう。

ジャングル・クルーズの場所

アドベンチャーランド

ウエスタンリバー鉄道と同じ建物にアトラクション乗り場があります。

暗くなると見つけづらいので注意が必要です。

さいごに

ジャングル・クルーズは老若男女を問わず楽しめるアトラクションです。

船長さんのアドリブによって面白さが引き立てられるため、何度乗っても飽きません。

東京ディズニーランドに行ったらぜひジャングルクルーズに乗ってみて下さい。