ディズニーシー

3才以下のお子様連れにおすすめな東京ディズニーシーの楽しみ方

 

f:id:itoht12:20180604122138j:plain

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱディズニー管理人のあっくんです。

今回は3才以下のお子様連れにおすすめな東京ディズニーシーの楽しみ方についての記事です。

 

以前、3歳以下のお子様連れにおすすめな東京ディズニーランドの楽しみ方をご紹介しました。

今回は、東京ディズニーシー編です。

 

東京ディズニーシーも、東京ディズニーランドと同様に3才以下のお子様はパークチケット無しで入園することができます。

そこで今回の記事では、3才以下のお子様を連れたご家族におすすめの東京ディズニーシーの楽しみ方をご紹介します。

 

3才以下のお子様連れにおすすめな東京ディズニーシーの楽しみ方

 

グリーティングに時間をかける

東京ディズニーシーは、東京ディズニーランドと比較すると子供が楽しめるアトラクションは多くはありません。

身長制限があるアトラクションも多くあります。

そこで、おすすめなのがグリーティングです。

 

東京ディズニーシーは、東京ディズニーランドと比べてキャラクターと写真を撮れるグリーティング施設が多くあります。

なのでアトラクションを楽しみつつ、グリーティングを交えることで、お子様連れの東京ディズニーシーがさらに楽しめるものになります。

東京ディズニーランドと同様に、東京ディズニーシーでも突発的なグリーティングが多く開催されます。

そういったグリーティングを楽しむのもおすすめです。

 

また、パーク内にはフォトスポットデコレーションが数多くあるほか、街並みがきれいなので何気ない場所も素敵なフォトスポットになります。

メディティレーニアンハーバーの裏道など、人通りも少なく写真映えするスポットが数多くあるので、そういった楽しみを発見するのもいいでしょう。

 

ファストパスを最大限活用する

東京ディズニーランドと同様に、アトラクションを楽しむ際にはファストパスの活用が重要です。

東京ディズニーシーのファストパス対象のアトラクションは、身長制限があるものが多いのであまりお子様向けではありませんが、

  • トイ・ストーリー・マニア!
  • ニモ&フレンズ・シーライダー

に乗ろうと思われている場合には、ファストパスをうまく活用しましょう

  • 海底2万マイル
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター

も身長制限のないファストパス対象アトラクションですが、混雑日でも大した待ち時間なく乗れるのでファストパスを取得する必要はあまりありません。

ファストパスを利用することで、待ち時間のストレスなくアトラクションを楽しむことができます。

トイ・ストーリー・マニアは3才以下におすすめ?

東京ディズニーシーの人気アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」ですが、個人的には3才以下のお子様にはあまりおすすめしません。

理由は

  • 暗いところを急発進・急停止で進む
  • 3才ではゲーム内容を理解できない
  • 子供用の3Dゴーグルがない

からです。

トイ・ストーリー・マニア!は身長制限のないアトラクションなので、3才以下でも楽しめますが、あまり小さなお子様はアトラクションを楽しめないのではないかと思います。

とはいえトイ・ストーリーの世界観は楽しめますし、大人にとってはかなり楽しいアトラクションです。

やはり大人も楽しんでこその東京ディズニーシーなので、大人も楽しみたい!という方は、トイ・ストーリー・マニア!に乗ってみてもいいと思います。

 

3才以下のお子様を連れて東京ディズニーシーに行く際のポイント

お昼寝用にベビーカーを持参したほうがいい

東京ディズニーシーも、東京ディズニーランドと同様にベビーカーを持参するのがおすすめです。

特に東京ディズニーシーは坂になっている部分が多く、お子様を抱っこして連れているのは東京ディズニーランド以上にしんどいです。

もちろん、東京ディズニーシーでベビーカーをレンタルすることも可能なので、どうしてもベビーカーを持ち歩けないという人はレンタルも検討しましょう。

 

以上が3才以下のお子様連れにおすすめな東京ディズニーシーの楽しみ方です。

東京ディズニーシーは東京ディズニーランドと比較してお子様が乗れないアトラクションも多いため、あまりお子様連れではないと言われることもあります。

私もどちらをおすすめするか?と言えば東京ディズニーランドのほうがおすすめです。

ですが、グリーティングを上手く組み合わせることで思い出に残る東京ディズニーシーにすることは十分に可能です。

この記事を参考にして、お子様連れの東京ディズニーシーを存分に満喫してください。